手入れが大変

家

和室がある家庭では、畳の手入れが大変ですよね。3年から5年に一回は張替えないと駄目らしいです。そして、10年過ぎた場合は全部張替えしなきゃ駄目らしいです。梅雨の時期とか湿気が多い時には臭いが気になる時がありますよね。まずは日頃の手入れが大切だと思います。カビやダニの温存地帯にならないように気をつけましょう。張替えに関しては業者へ依頼するほうが一番楽です。和室が出来て3年が経った場合、畳を裏返す必要があります。畳は表と裏が使えるようになっているので、現在使っている表の部分を裏返すだけでまずはOKです。それからまた3年後まではそのままの状態でOKです。状態によっては新調する場合もあるので、事前に業者へ見積もりを依頼するといいでしょう。

畳を裏返した日から約5年が経過した時点で、もうボロボロになってきます。その時期に全て張替える必要があります。たたみを敷くたたみ床が駄目になってしまうと床ごと新調しなくてはならず、結構費用がかかるので、たたみを敷いて約10年が経過した時点で張替えを依頼しましょう。張替えに関しては専門業者へ依頼することをオススメします。たたみの発注から張替えまで全て行なってくれるので、とても楽です。結構体力がいる作業なので、安全性も含めて業者へ依頼するほうが断然オススメです。

畳の張り替え業者はネットで簡単に探すことができます。地域の情報誌にも掲載されてると思うのですぐに見つけることができますよ。無料で見積もりを行なってくれる所もあるので、気軽に依頼することが出来ます。たたみ床が駄目になる前にキチンと張り替えを行いましょう。